<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

やっぱり赤坂は大人の街

a0112596_15151658.jpg

かつて日本で初めてのディスコ、MUGENや高級クラブ、力道山のリキマンション(現存)などがあった赤坂。そのイメージは昭和の映画にでも出て来そうな、そんな雰囲気があったのです。赤坂にTBSの新社屋やイベントホールの赤坂ブリッツ、昨年オープンの赤坂サカスが出来てからは、随分とその雰囲気も変わってしまったのかと思い、出かけてみるとランチタイムのサラリーマンたちに混じって、明らかに50〜60代の女性たちがお洒落なカフェで、優雅にお茶したり、ショッピングを楽しんでいるのです。
a0112596_1515817.jpg

東京は場所により集まってくる人の年齢層や雰囲気が違いますが、やはり赤坂。この街は現代にあって昭和の香りのする優雅な大人たちの手で守られていたのです。
[PR]
by adlb | 2009-02-24 15:00 | landscape

『グローカル』アジアのアートが熱い

a0112596_19441174.jpg

近年のアジア地域のアートシーンは、アートフェアなどのマーケット活動や国際展などの影響もあり、熱狂的なブームを巻き起こし、国際的な注目を集めています。アジアの現代美術はそのような一面にとどまらず、マーケットや展覧会に導かれる欧米型の現代美術とは違う独自の輪郭を形成しようとしています。そんな中、東京六本木の森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)にて韓国人アーティスト全光榮(チョン・クァンヨン)氏の日本初の展覧会が開催されています。
a0112596_1944204.jpg

既にニューヨークでは大変な評価を受けている全光榮氏の作品は大きさの異なる小さな三角の立体を「韓紙(ハンジ)」という、韓国の伝統紙で包み、それを無数に組み合わせてキャンパスを埋め尽くして作品に仕上げるという、気の遠くなる様な作品なのです。また、天然素材から抽出した色で染めるなど、東洋人独特の色彩センスや繊細さを随所に感じる事ができる作品の数々には圧倒されます。また、彼の作品は固定概念にとらわれることなく自由な発想で作品を観てもらえる様にと、全てのものに題名が無く、見た人が何かを感じながら思い思いに楽しむというアート本来の自由な解釈を許容してくれるものでした。たしかにどれも創造力をかきたてられる神秘的な作品で、その繊細な仕事ぶりや、作品にかけるパワーと根気、また作品の解釈に対するゆとりには脱帽です。仕事の上でグローバルな感覚を持ちながらローカルを生かす事を提唱している私たちが、彼の作品を通じて“グローバルなセンスでローカルを生かす。”とはこういう事だと教えられたような気がします。きっとこれからはどんな業界でも『グローカル』が時代を創造していくのではないでしょうか。
a0112596_19442856.jpg


『全光榮(チョン・クァンヨン)展』
◆期間 2009年2月14日(土)~3月15日(日)会期中無休
◆場所 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
◆時間 10:00~20:00(入館は19:30まで)
[PR]
by adlb | 2009-02-17 10:00 | art

伝統継承とは進化すること

a0112596_1833431.jpg

2月3日から5日まで『飛騨の家具館』東京ショールームで、飛騨産業「キツツキ新作展」が開催されました。古くから伝わる高度な曲木技術を生かしながら、時代にあった新しい物を世の中に提供しつづける事へのこだわりや、その技術の高さは、まさに世界に誇れるものでした。また、工業デザイナー柳宗理氏が約30年前にデザインした『ヤナギチェア』のリプロダクトも展示もされていて、あらためて技術とは守る事だけでなく、常に進化しつづける事で継承されるのだという事を実感することができました。そして、技術だけでなく自分の経験や人から享受した事に対しても、果たしてそこからの進化を真剣に考えているのだろうか?と反省しつつ、あらためて日々の努力の重要性を感じさせられた展示会でした。

“飛騨産業営業の森本さん”お忙しい中ご案内頂きありがとうございました。
早く怪我を治してくださいねお大事に。
[PR]
by adlb | 2009-02-10 18:34 | interior

美しいだけでは、時代に勝てない


a0112596_15183173.jpg

日本のシンボルと言っても過言ではない『東京タワー』が、昨年12月23日に開業50年を迎えました。333mの高さを誇り、半世紀経った今も現役のテレビ塔として活躍しています。その美しさと優雅さは誰もが認めるところですが、そのタワーも都心部に林立する200m級超高層ビルの影響による電波障害や携帯のワンセグ等、時代の流れで、600m級の新タワー建設が行なわれ、2011年には新たなタワーが完成するのです。世界に誇れる日本の首都「東京」は常に新しい時代に向かい、その姿を変えています。その時どんなに美しくても、どんなに機能的でも、そういう時代の流れには勝てないのです。基本は“美しい物を創り世の中に出す”ですが、まわりの状況やその先を想像しながら目的を持ってデザインする事の大切さを感じずにはいられません。
[PR]
by adlb | 2009-02-03 15:20 | landscape